KAWANO GROUP

代表メッセージ

当社は、高速道路や鉄道などのインフラ整備や技術革新が急激に
進んでいた高度経済成長期の真っただ中、1962年に創業しました。
現在までの間、私たち事業を取り巻く環境、社会からの要請は
大きく変化、高度化し、今後も常に変わり続けていくことでしょう。

高度成長期からバブル経済期を経て、私たちの事業は、
環境に寄り添ったものとして社会的な役割が一段と明確になりました。
CO2削減、脱炭素化については、鉄スクラップ活用による
鉄鋼生産、木くすチップ使用によるバイオマス発電と、
私たちグループの事業活動のなかでリサイクルされ、
原料として産みだされた製品が直接的に環境と社会に役立つ、
新たな価値のあるモノとなっていることに喜びを感じています。

そして、世界的にも高い競争力をもった、持続可能性の高い
都市づくり、街づくりが急務となっている今、
当社グループの多くのメニューのなかから
お客様、社会のお役に立てる部分に積極的に関わり、
私たちも変化に挑戦していくことにより、
当社が存在する意味を実感したいと考えています。

河野 富美男